2017年05月26日

テアニンダイエット

久々に社会問題について語っちゃいます。
何と言っても今関心がるのは加計学園問題ですよね。
「総理のご意向」によって行政が歪められた問題ですよね。
いくら仲のいいお友達だからといって、
規則を曲げてまで優遇するのは如何なものかと思います。
しかも、そんなことはなかったと官邸側では言っていますが、
今年の1月まで文部科学省の事務次官だった人が事実だと証言しているのです。
それを嘘だという官邸がおかしいと思いませんか?
誰がどう見ても安倍首相の行政干渉は明らかです。
しかも、加計学園の保育施設には
またまたあの問題児の安倍昭恵夫人が名誉園長をしているんですよ。
森友問題では知らぬ存ぜぬで突き通していますが、
今回ばかりは逃れられないと思いませんか?
まあ、森友学園に関係していたら総理も国会議員もやめるとは言いましたが、
今回の加計学園については言っていないので辞職はしないと思いますが…。

そもそもこんな横暴がまかり通るのは私たちにも問題があるのです。
それは選挙で自民党議員を多く輩出してしまったからなんです。
民主主義の政治において偏った政党が大多数を占めると、
その国の政治は私物化され民主主義は崩壊します。
まして、民主主義の歴史の浅い日本のような国は、
多数決が民主主義だと勘違いしているところがあります。
ですから、
今の日本のようにどんな悪法だろうとこっかいを通過してしまうんです。
秘密保護法にしても安保法にしても今回の共謀罪もしかりです。
もっと民主主義の進んだ国では、
大多数の与党の中にもリベラル派だったり保守派だったり改革派だったりがいます。
つまり、同じ党でも右に倣えはしないというっことなんです。
日本の政党のように、
党の意向に反対すると除名処分になるということがおかしんです。
基本的な考えを共有して党員になっているわけで、
すべての考えが一致している人は世の中にいないと思うんです。
もしいたら、それは宗教というべきなんです。
まあ、強制的に考えを統制している北朝鮮や
恐怖によって従わせているISなんかはありますが、
常識的な国家では同じ党であっても反対する場合が多々あるのです。

それを踏まえて見てみると、
日本の政党は全員が同じ考え方向を見ないと許されないみたいです。
まるで、第二次世界大戦の時の思想教育のようです。
それを打開するためには野党がもっと頑張ってもらわなければなりません。
ところが、
その野党が本当にどうしようもないのです。
自民党べったりの自称平和の党と言っている公明党や
なぜか自民党に媚びを売る維新の会、
維新の会について言えば、
橋下徹が居た時はもっとまともだったので少しは期待したんですが…。
理想ばかりの共産党、
民主党から名前を変えた民進党に至っては
人気がないから名前を変えただけと思われるくらい何も変わっていないし、
代表が蓮舫で幹事長が野田ってなんなでしょうか?
民主党を今の状態にした原因は元野田首相でしょう。
民主党政権だった時に最後まで保身に走った総理だった人が、
党の幹事長だなんて誰が選挙で票を入れますか、
むしろ鳩山由紀夫元総理みたいにすっぱり政界から引退すれば、
民主党もここまで落ちぶれなくても良かったのに思います。

ですが、今の政党バランスをなんとかしないと私たちはますます苦しくなります。
しかも、未来に私たちの子孫に負の遺産を残すことになってしまいます。
できることは選挙で投票することしか私たちにはできません。
ならば、どこの政党も支持していない人はとにかく自民党には入れないことです。
多くの有権者がいうことは自民党以外にどこに入れるところがあるのって言われますが、
確かに帯に流したすきに短しの政党ばかりです。
ですが、入れるところがなければ
絶対に政権は取れないような政党に入れるというのも一つの方法です。
これによって与党に議席が総議席数の三分の一くらいまで減れば、
国会運営は正常状態に戻ると思います。
もし、原発の再稼動に反対だとか共謀罪に反対、
憲法改正なんてもっても他だと思っているのであれば、
今度の選挙には政党の数のバランスが良くなるように投票してみてはいかがですか?
これも、国を変える国民の意思の表れだと私は思っています。
たとえ、数で押し切る政党がなくても、
考えに賛同する政党が賛成すれば法律でも憲法改正でもできます。
ただ、議論もそこそこに数の優位性だけで押し切るというのは如何なものかと、
私は物申したいんです。

大分、余計なことを申してしまいましたが、
肝心の今週のダイエット法を紹介しなければなりません。
今回のダイエット法もダイエット法ガイドというブログに掲載されていたもので、
そのブログによるとテアニンダイエットとは、
緑茶に含まれているテアニンという成分を凝縮させたサプリメントを摂ることで、
ダイエット中のイライラや過食を防ぎ、
脳を刺激して心身をリラックス状態にする方法なのだそうです。
テアニンは緑茶に含まれる抗酸化成分として有名なカテキンの関連物質で、
飲むと脳に刺激を与えて鎮静作用が働き、
リラックス状態の時に出てくる脳波のα波が多く出るといわれています。

ダイエット中は無理な食事制限などでイライラしてストレスが溜まりがちですが、
このテアニンを摂ることで
心身がリラックスして自己コントロールがうまくできるようになります。
テアニンは凝縮されたサプリで摂るのがベストですが、
緑茶をたくさん飲むのもよいでしょう。
ぬるいお湯によく溶け出すので、お茶で飲む時はぬるま湯で入れて飲みましょう。

なのだそうです。
要はアロマとかと同じ効果があるということなんでしょうね。
しかも、テアニンだとかカテキンといえば、
ダイエットを志す者にとって知らない人がいないほど成分ですよね。
実際にどれほどん効果があるかは知りませんが、
まあ、体に悪いものでもないし、
日本人として簡単にできるダイエットなんでまあいいんじゃないかと思います。
あとは、効果は別として、
いつまで続けられるかいうことでしょうね。
継続は力なりであり、信じるはもっと力なですから…。





posted by 健康一番 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする