2017年04月21日

半身浴ダイエット

半身浴はダイエットの定番ですよね。
でも、効果がありそうであんまり効果がないのも半身浴です。
しかも、退屈だし時間がかかります。
半身浴はお湯に浸かることにより汗をかくのが目的です。
ですが、熱いお湯につかったり、
体全体を湯の中につけることは効果がありません。
むしろ、心臓に負担をかけ逆効果です。
なので、じっくり時間をかけ汗が出てくるのを待ちます。
だいたい20分くらいでしょうか。
その間ひたすらお湯につかっているんですよ。
その立場になったらあなたは何をして時間を潰しますか?
音楽を聴く、それも一つの手ですね。
寝ているという手もあるでしょう。
でも、それができる状況にある場合です。
ユニットバスみたいに体を折り曲げなければならないような浴槽や
リラックスするには適さない浴槽だったらどうしますか?
20分間ひたすら我慢しますか?

しかも、汗が出ただけなんで体重が劇的に減ることはありません。
それこそ、喉の渇きを潤すのに水を飲んだらおしまいです。
それより、20分間もあればもっと有意義に過ごせるのではないでしょうか?
みなさんはどちらだと思いますか?

ということで、
とりあえずダイエット法ガイドというブログに掲載されていた
半身浴ダイエットなるものを紹介しておきます。
このブログによると半身浴ダイエットとは、
おへそより少し上の高さぐらいまでのお湯につかって汗をかいて老廃物を排出し、
血液の循環をよくして脂肪を燃焼させる入浴法なのだそうです。

半身浴の効果には以下のような効果があります。
・ぬるめのお湯にゆっくりつかることで体の芯から温まり、
 血行がよくなり汗をかいて老廃物が出てくる。
・首までつかる全身浴に比べると長時間入浴していても心臓に負担がかからず、
 むくみがちな下半身を重点的にほぐすことができる。
・体の心まで温まることにより、
 胃腸の血管が収縮して胃の活動がゆるやかになり胃液の分泌が減少するため、
 食欲が抑えられる。
・ぬるめの湯にゆったりとつかることで、
 心身ともにリラックスして自律神経のバランスが整い、
 イライラによる過食を防ぐことができる。
といった4つの効果があります。

次に半身浴の入り方は、
・まず熱いシャワーで浴室を暖め、
 かかり湯をしたら42度ぐらいの熱めのお湯に
 約2分間首までつかって全身を温めます。
・それからおへその上よりこぶし一つ上の高さまで熱いお湯を減らし、
 お湯の温度が38度〜40度になるように水を少し足してから
 20分ぐらいつかります。
・続ける場合は一度休憩を入れます。
長時間つかっているので、
入浴中はマッサージをしたりフェイスパックなどをするといいでしょう。
入浴中は水分が失われるので、
入浴する前後に必ずミネラルウォーターで水分補給しましょう。
ペットボトルを持って入浴中に補給するのもいいでしょう。
半身浴は食前に行なうのが最も効果的です。
食後すぐの入浴は消化に悪影響を及ぼすので避けましょう。
というものだそうです。

半身浴ダイエットをやってみなさんがいうことは、
以外と効果がないということです。
実際に消費カロリーは意外と少ないのだそうです。
しかも売りにしているデトックス効果もあるのかないのかわかりません。
日頃あまり汗をかかない人にとっては汗をかくこと自体がいいことかもしれませんが、
スポーツをよくされる方にとってはあまり意味がないのかもしれません。
私はお風呂で半身浴をして無駄な時間を過ごすより、
お風呂は体を洗ってさっぱりするのが最大の利点だと思います。
よくシャワーだけしかしないという人もいますが、
湯船に浸かることはリラックス効果に優れていることは間違いないのです。
ですが、それは適度な時間であって、
ダイエット目的とした長時間の利用は逆効果だと思っています。
考え方は人それぞれですからかまいませんが、
時間は何にもまして貴重だという観点からいうと、
ダイエットをするにしてももっと効率的で効果的な方法があるのでは、
余計なお世話だと知りながらつい思ってしまいます。
posted by 健康一番 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック