2017年05月26日

テアニンダイエット

久々に社会問題について語っちゃいます。
何と言っても今関心がるのは加計学園問題ですよね。
「総理のご意向」によって行政が歪められた問題ですよね。
いくら仲のいいお友達だからといって、
規則を曲げてまで優遇するのは如何なものかと思います。
しかも、そんなことはなかったと官邸側では言っていますが、
今年の1月まで文部科学省の事務次官だった人が事実だと証言しているのです。
それを嘘だという官邸がおかしいと思いませんか?
誰がどう見ても安倍首相の行政干渉は明らかです。
しかも、加計学園の保育施設には
またまたあの問題児の安倍昭恵夫人が名誉園長をしているんですよ。
森友問題では知らぬ存ぜぬで突き通していますが、
今回ばかりは逃れられないと思いませんか?
まあ、森友学園に関係していたら総理も国会議員もやめるとは言いましたが、
今回の加計学園については言っていないので辞職はしないと思いますが…。

そもそもこんな横暴がまかり通るのは私たちにも問題があるのです。
それは選挙で自民党議員を多く輩出してしまったからなんです。
民主主義の政治において偏った政党が大多数を占めると、
その国の政治は私物化され民主主義は崩壊します。
まして、民主主義の歴史の浅い日本のような国は、
多数決が民主主義だと勘違いしているところがあります。
ですから、
今の日本のようにどんな悪法だろうとこっかいを通過してしまうんです。
秘密保護法にしても安保法にしても今回の共謀罪もしかりです。
もっと民主主義の進んだ国では、
大多数の与党の中にもリベラル派だったり保守派だったり改革派だったりがいます。
つまり、同じ党でも右に倣えはしないというっことなんです。
日本の政党のように、
党の意向に反対すると除名処分になるということがおかしんです。
基本的な考えを共有して党員になっているわけで、
すべての考えが一致している人は世の中にいないと思うんです。
もしいたら、それは宗教というべきなんです。
まあ、強制的に考えを統制している北朝鮮や
恐怖によって従わせているISなんかはありますが、
常識的な国家では同じ党であっても反対する場合が多々あるのです。

それを踏まえて見てみると、
日本の政党は全員が同じ考え方向を見ないと許されないみたいです。
まるで、第二次世界大戦の時の思想教育のようです。
それを打開するためには野党がもっと頑張ってもらわなければなりません。
ところが、
その野党が本当にどうしようもないのです。
自民党べったりの自称平和の党と言っている公明党や
なぜか自民党に媚びを売る維新の会、
維新の会について言えば、
橋下徹が居た時はもっとまともだったので少しは期待したんですが…。
理想ばかりの共産党、
民主党から名前を変えた民進党に至っては
人気がないから名前を変えただけと思われるくらい何も変わっていないし、
代表が蓮舫で幹事長が野田ってなんなでしょうか?
民主党を今の状態にした原因は元野田首相でしょう。
民主党政権だった時に最後まで保身に走った総理だった人が、
党の幹事長だなんて誰が選挙で票を入れますか、
むしろ鳩山由紀夫元総理みたいにすっぱり政界から引退すれば、
民主党もここまで落ちぶれなくても良かったのに思います。

ですが、今の政党バランスをなんとかしないと私たちはますます苦しくなります。
しかも、未来に私たちの子孫に負の遺産を残すことになってしまいます。
できることは選挙で投票することしか私たちにはできません。
ならば、どこの政党も支持していない人はとにかく自民党には入れないことです。
多くの有権者がいうことは自民党以外にどこに入れるところがあるのって言われますが、
確かに帯に流したすきに短しの政党ばかりです。
ですが、入れるところがなければ
絶対に政権は取れないような政党に入れるというのも一つの方法です。
これによって与党に議席が総議席数の三分の一くらいまで減れば、
国会運営は正常状態に戻ると思います。
もし、原発の再稼動に反対だとか共謀罪に反対、
憲法改正なんてもっても他だと思っているのであれば、
今度の選挙には政党の数のバランスが良くなるように投票してみてはいかがですか?
これも、国を変える国民の意思の表れだと私は思っています。
たとえ、数で押し切る政党がなくても、
考えに賛同する政党が賛成すれば法律でも憲法改正でもできます。
ただ、議論もそこそこに数の優位性だけで押し切るというのは如何なものかと、
私は物申したいんです。

大分、余計なことを申してしまいましたが、
肝心の今週のダイエット法を紹介しなければなりません。
今回のダイエット法もダイエット法ガイドというブログに掲載されていたもので、
そのブログによるとテアニンダイエットとは、
緑茶に含まれているテアニンという成分を凝縮させたサプリメントを摂ることで、
ダイエット中のイライラや過食を防ぎ、
脳を刺激して心身をリラックス状態にする方法なのだそうです。
テアニンは緑茶に含まれる抗酸化成分として有名なカテキンの関連物質で、
飲むと脳に刺激を与えて鎮静作用が働き、
リラックス状態の時に出てくる脳波のα波が多く出るといわれています。

ダイエット中は無理な食事制限などでイライラしてストレスが溜まりがちですが、
このテアニンを摂ることで
心身がリラックスして自己コントロールがうまくできるようになります。
テアニンは凝縮されたサプリで摂るのがベストですが、
緑茶をたくさん飲むのもよいでしょう。
ぬるいお湯によく溶け出すので、お茶で飲む時はぬるま湯で入れて飲みましょう。

なのだそうです。
要はアロマとかと同じ効果があるということなんでしょうね。
しかも、テアニンだとかカテキンといえば、
ダイエットを志す者にとって知らない人がいないほど成分ですよね。
実際にどれほどん効果があるかは知りませんが、
まあ、体に悪いものでもないし、
日本人として簡単にできるダイエットなんでまあいいんじゃないかと思います。
あとは、効果は別として、
いつまで続けられるかいうことでしょうね。
継続は力なりであり、信じるはもっと力なですから…。





posted by 健康一番 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

足指しばりダイエット

今回のダイエット法は、
ダイエット法ガイドというブログに掲載されていた足指縛りダイエットです。
このブログによると足指しばりダイエットとは、
両足の親指をヘアゴムでしばって5分間仰向けに寝るだけで、
骨盤が正しい位置に戻り、ウエストが引き締まるというダイエット法なのだそうです。
ふだん姿勢が悪い人は、年齢や出産の有無にもよりますが、
骨盤が歪んで本来の正しい位置よりも外側に開いてしまっています。
骨盤が開いてしまうと、体の外側に重心がかかり、
内臓の重みを支えるという骨盤の本来の働きが鈍くなるので、
骨盤の周りのウエスト部分の筋肉の働きも弱くなって
お腹ポッコリ状態になってしまうのです。
両足の親指をしばって仰向けに寝ると、体の内側に負荷がかかり、
開いていた骨盤を正しい位置に戻して、
今まで休んでいたお腹の周りの筋肉が働くようになりウエストが引き締まってきます。

足指しばりダイエットのやり方
やり方は、まずヘアゴム(なければ輪ゴムでもOK)と
クッション(または座布団)を用意します。
・両足の親指をゴムでしばり(固定するのが目的なのできつく縛らないこと)、
 かかとをぴったりくっつけます。
 閉じたかかとを最後まで開かないようにすることがポイント!
・腰の下にクッション(座布団)を置き、
 両手を上に伸ばして仰向けに寝て5分たったら終了。
 1日1回行なうだけでOKです。

早く痩せたいからといって5分以上やらないように注意しましょう。
腰に負担がかかってしまいます。
腰痛がある人は時間を短めにするなど様子を見ながら行ないましょう。
また食後に行なうのは避けて、
空腹時または寝る前のリラックスした時に行なうのがよいでしょう。
というものです。

単純に考えると足の指を縛るということは血液の流れを止めているのだと思います。
それによって血液の流れが止まり血管が膨張するのでしょう。
血液検査の時、血管を浮き出させるために縛るようなものですね。
でも、これによって骨盤が矯正されるとは思えないのですが…、
なにか独自の理論なり医学的根拠があるのでしょうか?
5分以上はやらないようにというのは、
まさに血流が止まった状態なので、
もしも長時間やると危険というっことなのでしょう。
どんな危険かというと壊死ということも考えられます。
血流は止まると体を構成している細胞に栄養が届かず、
細胞が変色し死滅することを壊死と言います。
極端な例ですが、もし長時間指を縛っておくとそうなるということです。
まあ、普通は痛くなって我慢できなくなると思いますが…。

素人が勝手にダイエットする場合は、
リスクを伴うようなものは避けるべきではないかと思います。
運動系で歩くとか走るといったものや、
食べる系で食物繊維を多くとるとか酢酸系なんかは、
体に特別な負担をかけるわけではないのでいいと思いますが、
例えば、
今回のような指を縛るとか体を締め上げるようなものや
まあ自分ではしないと思いますが、
痩せるツボを針で刺すとか、
糖質制限ダイエットみたいに無理な糖質制限をすることは、
自分の命を削っているようなもので、
信頼の置ける医師や専門家の指導のもとでやるべきだと思います。
素人考えで安易にやると取り返しのつかないことになるかもしれません。
そこのところをよく考えてダイエットをしましょう。





posted by 健康一番 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

半身浴ダイエット

半身浴はダイエットの定番ですよね。
でも、効果がありそうであんまり効果がないのも半身浴です。
しかも、退屈だし時間がかかります。
半身浴はお湯に浸かることにより汗をかくのが目的です。
ですが、熱いお湯につかったり、
体全体を湯の中につけることは効果がありません。
むしろ、心臓に負担をかけ逆効果です。
なので、じっくり時間をかけ汗が出てくるのを待ちます。
だいたい20分くらいでしょうか。
その間ひたすらお湯につかっているんですよ。
その立場になったらあなたは何をして時間を潰しますか?
音楽を聴く、それも一つの手ですね。
寝ているという手もあるでしょう。
でも、それができる状況にある場合です。
ユニットバスみたいに体を折り曲げなければならないような浴槽や
リラックスするには適さない浴槽だったらどうしますか?
20分間ひたすら我慢しますか?

しかも、汗が出ただけなんで体重が劇的に減ることはありません。
それこそ、喉の渇きを潤すのに水を飲んだらおしまいです。
それより、20分間もあればもっと有意義に過ごせるのではないでしょうか?
みなさんはどちらだと思いますか?

ということで、
とりあえずダイエット法ガイドというブログに掲載されていた
半身浴ダイエットなるものを紹介しておきます。
このブログによると半身浴ダイエットとは、
おへそより少し上の高さぐらいまでのお湯につかって汗をかいて老廃物を排出し、
血液の循環をよくして脂肪を燃焼させる入浴法なのだそうです。

半身浴の効果には以下のような効果があります。
・ぬるめのお湯にゆっくりつかることで体の芯から温まり、
 血行がよくなり汗をかいて老廃物が出てくる。
・首までつかる全身浴に比べると長時間入浴していても心臓に負担がかからず、
 むくみがちな下半身を重点的にほぐすことができる。
・体の心まで温まることにより、
 胃腸の血管が収縮して胃の活動がゆるやかになり胃液の分泌が減少するため、
 食欲が抑えられる。
・ぬるめの湯にゆったりとつかることで、
 心身ともにリラックスして自律神経のバランスが整い、
 イライラによる過食を防ぐことができる。
といった4つの効果があります。

次に半身浴の入り方は、
・まず熱いシャワーで浴室を暖め、
 かかり湯をしたら42度ぐらいの熱めのお湯に
 約2分間首までつかって全身を温めます。
・それからおへその上よりこぶし一つ上の高さまで熱いお湯を減らし、
 お湯の温度が38度〜40度になるように水を少し足してから
 20分ぐらいつかります。
・続ける場合は一度休憩を入れます。
長時間つかっているので、
入浴中はマッサージをしたりフェイスパックなどをするといいでしょう。
入浴中は水分が失われるので、
入浴する前後に必ずミネラルウォーターで水分補給しましょう。
ペットボトルを持って入浴中に補給するのもいいでしょう。
半身浴は食前に行なうのが最も効果的です。
食後すぐの入浴は消化に悪影響を及ぼすので避けましょう。
というものだそうです。

半身浴ダイエットをやってみなさんがいうことは、
以外と効果がないということです。
実際に消費カロリーは意外と少ないのだそうです。
しかも売りにしているデトックス効果もあるのかないのかわかりません。
日頃あまり汗をかかない人にとっては汗をかくこと自体がいいことかもしれませんが、
スポーツをよくされる方にとってはあまり意味がないのかもしれません。
私はお風呂で半身浴をして無駄な時間を過ごすより、
お風呂は体を洗ってさっぱりするのが最大の利点だと思います。
よくシャワーだけしかしないという人もいますが、
湯船に浸かることはリラックス効果に優れていることは間違いないのです。
ですが、それは適度な時間であって、
ダイエット目的とした長時間の利用は逆効果だと思っています。
考え方は人それぞれですからかまいませんが、
時間は何にもまして貴重だという観点からいうと、
ダイエットをするにしてももっと効率的で効果的な方法があるのでは、
余計なお世話だと知りながらつい思ってしまいます。





posted by 健康一番 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする