2010年03月18日

禁煙までの道のりー自己流禁煙法にてー第5回

禁煙をして10日から2週間は、
最初の山場の1週間目を過ぎてからは楽に過ごせました。

相変わらずキャンディはなめていますが、
随分減ったように思います。
チョコレートはよっぽど吸いたくなった時とか、
ご飯の後にちょっととか食べる程度にしています。
その代わり、ガムを増やしました。

2週間経つと、
タバコの吸えない辛さより、
暇なときとか忙しい合間の息抜きとかにタバコを吸っていたのですが、
その時間を紛らわすものがないのが困りものです。

今では、タバコの常習性から吸いたいのではなく、
気分転換とかリフレッシュするための
アイテムがタバコだったんだなあと実感しています。

これってタバコをやめるための大きな要素かもしれません。
つまり、タバコに変わる何かがあれば、
簡単に止められると言う事ですよね。
ただし、ニコチン中毒になっている人は無理かも・・。

2週間たって体重を量ってみました。
66kgでした。
2週間ではまだ分かりませんが、
タバコを止めると太るよとか言われますが、
今のところ太った気配はありません。

実際に間食が増えている事は間違いありません。
食事の量も増えているように思います。
これで太らないのは体質のせいか、
これから脂肪がついていくのかちょっと恐ろしい気がします。

ただ、寝る前4時間くらいは
水以外一切何も食べないようにはしています。
タバコをやめて生活習慣病になったら意味ないですからね。

なんだかんだ言いながら、今日で29日目になります。
自己流禁煙法と言いながら、
今は何もしていません。
暑ささ寒さも彼岸までと言うのと同じように、
吸いたくて辛いのは2週間までって感じです。

ここまでくると身体的には苦しい事はありません。
あとは気持ちの問題のようです。
人がタバコを吸っていると旨そうだなあとか、
1本ぐらい吸っても大丈夫かなとか、
かなり誘惑に心が動きますが、
別に実際にタバコを吸うまでには至りません。

このままだったら、
止めてしまえるだろうなっていう気はしています。
今はまだ何かにつけてタバコを思い出します。

本当の完全な禁煙とは、
おそらくタバコを思い出さなくなった時だと思います。
それはいつ来るのか、
本当に来るのだろうか疑問ですが、
吸いたいと思っているうちは禁煙中なんでしょうね。

追伸、
3月18日で禁煙39日目を迎えます。
もう、たばこを吸いたいというより忘れています。
こんなに簡単に止められてしまうのはちょっと不思議ですが、
医者にも、禁煙グッスにも頼らず実行できたのは、
糖分のお陰ではないでしょうか?
科学的根拠がある訳でもなく素人考えで押し進めた方法が、
私には合っていたのか、誰でもできる最良の方法なのか、
それは分かりません。
タバコを止めたいと思っている方、
ダメ元で挑戦してみてはいかがですか?

ちなみに、体重は少し増えました、
それとこの禁煙が原因かどうかは分かりませんが、
歯が痛くなって歯医者に通っています。

また、近内に近況を報告できると思います。
私の他にこの方法で禁煙できた方、
独自の禁煙法を実践して成功した方、
私のブログまでお知らせ下さい。
posted by 健康一番 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

禁煙までの道のりー自己流禁煙法にてー第4回

朝タバコもやめて、空腹どきも我慢して、
2〜3カ月たった頃、
プレ禁煙というものをしてみました。

もし、このままやめられるのならずっと禁煙。
もしつらくなったら吸えばいいやっていうプレ禁煙。

これは4日目でギブアップしました。
敗因はいつでも吸えるようにタバコを置いておいたことです。

たばこを完全にやめると、
人のタバコの臭いがものすごく臭く感じると言います。
ところが、禁煙22日目の現在の私は、
隣でタバコを吸われると嫌な匂いどころか、
ああ〜タバコすいたいあな〜って思ってしまいます。
でも、吸わなきゃいられないって程でもないんですよね。

それからしばらくして、
2月6日は朝から雨が降っていたんだよね。
普通だったら、
タバコも今日吸う本数しか残ってないから、
少し買っておくかってことで買いにいくんだけど、
その日は面倒だしこれが無くなったら禁煙しようって
ほんと気まぐれで、
次の日2月7日から禁煙を始めました。

午前中はなんともなかったののだけど、
午後くらいから無償にタバコが吸いたくなってきたんです。

そこで、家の中のキャンディとチョコレートをあるだけ集めて、
ほとんど食べていない時がないくらい食べていました。

ただ、タバコを吸いたいのは我慢できるけど、
糖分やカロリーが多すぎるのではと思いましたが、
今はニコチンを紛らわすのに懸命で、
太るとかそんなこと知るかって感じでした。

まあ、みなさんが真似をなさるのであれば、
ノンカロリーのキャンディとか、
せめてブラックのチョコレートを買った方がいいですよ。

最初の頃は食後と寝る前が一番吸いたくなるので、
最初のうちはキャンディをなめながら寝ていました。
本当は良くないのだけれどね、
せめてもの抵抗でキャンディはキシリトール入りにして、
気休めにしていました。

なぜ、ガムにしないのだろうと思われた方も煎ると思いますが、
私個人の意見で言うと、
ガムは味がすぐ無くなる、味が飽きる、噛むのが疲れる、
コストが高い、ミントやハッカはタバコを思い出させるなどの
理由により最初のうちは食べませんでした。

こんな状態も3日目を過ぎたあたりから、
結構楽になってきて夜のキャンディは止められました。

しかし、タバコを吸いたいという気持ちは、
無くなるどころか何かにつけて誘惑してきます。

そこで、昼間は常に口に何かを入れ、
夜は飲みに行くのを暫く控えることにしました。

私の経験から言えば、
禁煙が破られる時のパターンが、
友人と飲みに行ってタバコを吸ってしまう、
パチンコに行って出なくてイライラして吸ってしまう、
タバコの売っているところへ行って思わず買ってしまうが
多かったようです。

禁煙に入って一番の山は、
やはり3日〜7日くらいの時のように思いました。
この期間は、
電子タバコでも買おうかとか、
もう吸ってしまおうかとか、
今タバコを吸ったらきっと美味しいだろうなとか
そんなことばかり考えていました。

ごめんなさい、
余計な事ばかり書いて長くなったので続きは次回へ。
posted by 健康一番 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

禁煙までの道のりー自己流禁煙法にてー第2回

ではあなたは何の為の禁煙しようとするんですか?

体に悪いから?子供にやめろと言われるから?
お金の節約?病気になったから?
理由はいろいろあるでしょうが、
一番の理由は時代の風潮でしょう。
少なくとも私はそうです。

これだけ喫煙者の肩身が狭くなっては、
やめる方向に向かわざるを得ません。

10年位前であれば、
レストランでも喫茶店でも銀行、
飛行機の中だってタバコは吸えたんですよ。

ところが今は副流煙は他人をも巻き込むからと、
狭い部屋に押し込められて吸うしかありません。
まだ喫煙所があればましなほうで、
それすらないところがどんどん増えています。

渋谷や銀座では禁煙区域でタバコを吸うと罰金という条例もできて、
その内にタバコが吸えるのは、
喫煙所と自分の家だけということになるかもしれません。

まあ、今から思えばウソみたいな話ですが、
タバコは体に悪いかもしれないけど、
精神的に落ち着く作用があるので
精神衛生上は良いとされていたんですよ。

話が禁煙法なのにどんどんそれていっているような気が…。

とにかく私はこういった諸事情から禁煙を誓ったんです。

ですが、1日1箱から1箱半吸っていたのですから、
そう簡単にニコチンは体から出て行ってくれません。

しかも、仕事に行き詰まったり、
人間関係でイライラしたりすると、
ついタバコを吸ってしまいますよね。

私の場合、暇な時ほど本数を吸ってしまうという特徴があり、
忙しくしているとタバコを吸うのを忘れていました。
でも、気づくと数本いっぺんに吸ったりしますけどね。

一度肺炎になって、
これは禁煙しないとえらい事になると始めましたが、
症状が軽くなると1本くらいはいいだろうってことになり、
1本が2本となり元に戻ってしまいました。

これではいかんと一念発起したのが2010年2月7日なのです。
何故この日に禁煙を始めたのか私にもわかりません。
まあ、気まぐれだと思ってください。
ただ今だに継続中であることは確かなんです。
そして簡単でお金もかかりませんからみなさんも必ずできます。

もういいから早くやれって、
私の事情なんかどうでもいいんですよね。
ここまで呼んでくださったみなさんが、
本当に知りたいのはどうやって禁煙をしているのか、ですよね。
はいはい分かりましたこれからお話ししていきます。

実はタバコをいつかやめたいという気持ちが
数年前から私の中にあったんです。

何度も挑戦したのですが、もって2〜3日がいいところでした。

そこで、長期計画を自己流で考えたのです。
それは、強いタバコのタールを最初は6mmに
数ヶ月して3mmに、そして1mm替える事から始めました。

これはタールを少なくすれば体の害が少なくなるという
単純な発想ではなく、
禁煙を始めると吸いたい欲求にかられますから、
その予行演習としてタバコを吸いながら
吸いたい気持ちを我慢を体験する事にしました。

これはあくまで吸いたさを我慢するシュミレーションです。
まぜなら、タール1と表記されているタバコと
タール10と表記されているタバコの
1本あたりに含まれるタール量はどちらも同じだからです。

よく勘違いされますが、
タール1あっても、タール10であっても、
1本のタバコのタール量は同じで、
違いはフィルターに開けてある穴の量によって
一度に吸うタールの濃度が違うだけなんです。

つまりタール1のほうは穴が多いので
タール10の方に比べてタバコの煙を吸う時に
空気が多く混じって肺に入ります。
同じ人が同じペースで吸うのであれば、
タール1のタバコの方が吸うのに時間がかかるだけのことです。

ということは、
タール表示の少ないタバコにしたことにより
物足りなさを感じて本数を増やしたとしたら
1本当りのタール含量は同じですから、
今までよりも多く吸っていることになりますから注意してください。

今回はここまで次回は第2段階に入っていきます。
posted by 健康一番 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする