2012年05月17日

ダイエット体験談 No.99

ダイエットは何の為にするのか、
どうしてダイエットをするのか、
この意味を知っている人がそれだけいることでしょうか。

見栄や自慢、流行り、話題作り…、
どうでもいいことでダイエットに励んでいる人はたくさんいます。
少々のことでは変らない体型を
無理にダイエットしようと無駄な努力をしています。
しかも、ダイエットとは体重が減って、
ウエストや太もも、二の腕を細くすることだと思っているようです。

ダイエットをすることの結果として細くなることはありますが、
本来、肥満防止・解消のために取り組む食事制限をいいます。
日本人がダイエットといって必死になっているのは、
「痩身」というものなのです。

つまり、この体験談は、
ダイエットという名の痩身に挑戦した人々の奮闘の数々なのです。


__________________________
■ 味わうこと(成功談) =プー/女性/19歳=

 ちょっと昔の私の食べ方はせかせかしているような、
 何かから追われているような食べ方でした。
 高校の時も昼休みは長かったのですが、
 次の予習をしたりしないといけなかったので、急いで食べる癖がついて、
 家に帰って食べる時も一番に食べ終わっていました。

 しかし大学生になって、ちょっとはゆっくり過ごせるようになったので、
 ご飯もゆっくり食べれるようになりました。
 “ご飯がおいしい!”と味わえ、間食しなくてもお腹いっぱいになり、
 大学生になって5キロ痩せました。

 時間がなくて、急いで食べてる人も
 一食くらいはゆっくり食べる時間を作るのをおすすめします!


________________________
■ 心配です(その他) =なつ/女性/37歳=

 可愛い後輩が精神的にダメージを受け、3ヶ月で25キロも減ってしまいました。
 現在150センチ、40キロです。一日に納豆1パックしか食べませんでした。
 本人はやせて可愛くなった、もう二度と太りたくないといいます。

 しかし手先は氷のように冷たく紫色、肌は張りが無くシワが目立ちます。
 仕事も身が入らずいつもぼんやりしています。
 今の食事は昼に納豆やダイエットビスケットを食べ、後は水かコーヒーです。
 時には外食をしますが人の倍食べて、また何日間か納豆の生活です。

 彼女が今を維持するためにはこのままの生活を続けなければなりません。
 私にはそんな生き方に意味を感じません。
 私は今はデブですが無理をせず半年で9キロ減りました。
 一生は長い、ゆっくり楽しめる人生を送りたいと思っています。


_________________________
■ 心の葛藤(その他) =優樹菜/女性/19歳=

 私は8歳上の姉がいます。
 体型もほぼ同じで160センチ、72キロ、姉は78キロありました。
 私は自分の方が痩せているなんて思っていましたが、
 最近姉がパチンコ店の仕事をし始め、体重が見る間に激減。
 69キロまで痩せ、たまたま隣りに立った私は絶句。
 腰回り、顔、足の細さ、どれを取っても私の方が太っていました。

 姉には「すっごいじゃん!もっと痩せようよ!」なんて景気のいい事を言って、
 内心はグチャグチャ。
 最近の私は仕事で不規則な生活を強いられ続けて8ヶ月。
 見事に肌は荒れ、食欲がおかしくなり、常に寝不足。
 なんだかとても悔しくなり、鏡に映った二重顎の自分を見て、
 つい一人で泣き出してしまいました。

 痩せたくて…だけど、今の生活習慣を変えるには仕事を辞めなくちゃいけない。
 金銭面的にそれは出来ない。
 日々、私の胸の中は殺伐とした葛藤に悩まされてます。


_________________________
■ 伊豆にて(成功談) =チョメ/女性/20歳=

 私は今リゾバで九州から伊豆の旅館にきています。
 ここでは毎日朝六時に起きて夜までずっと働き通し。
 休みは週に一日です。
 ご飯は三食きっちり食べてお菓子やお酒、ジュ〜スは一切飲食していません。

 というのもコンビニすら遠い山奥で、
 疲れ果てた体でそこまで出向く気にもならないのです。
 それらが効をそうしたのか二週間で既に体のラインが変わってきています。

 体重計がないのが残念ですが見た目が違うんです。
 春休みが終わる頃には痩せた健康体とお給料が手に入るとすごく楽しみです。
 つらい時もありますが、思いきってリゾバに応募してよかったと思いました。


___________________________________
■ +2キロは許容範囲内(その他) =グッチャ/女性/16歳=

 私は去年の5月から162センチ62キロから、
 食事制限+運動で約10キロ痩せました。
 今は48〜50キロを保っています。
 しかし元来の便秘や秋や年末年始の暴食でなかなか増えた体重が戻りません。
 やけになってここのところ毎日朝昼過食気味になっています。

 手当たり次第にバナナやソーセージ、
 お菓子やパンを食べては後悔の念が押し寄せて
 「もう過食しない」という自分の決心の脆さに情けなくなります。
 痩せたのはいいのですが、生理も半年間止まったままだし、
 便秘も食べちゃダメという気持ちと
 食べ過ぎてしまったという気持ちがストレスとなり、
 過敏性腸症候群になりました。

 後から必ず過食の波とダイエットの副作用とも言える代償がやってきます。
 こんな自分が惨めですが、
 今度はまた健康的にや痩せられるように頑張りたいです。

いかがでしたか?
体験者の声はほんとうに参考になりますよね。
中には身につまされる方もいると思いますが、
人の成功や失敗は自分の肥やしにしましょう。
そして何時の日か理想を実現し、
素晴らしい人生が送れるように努力しましょう。

これからも不定期でダイエット体験者の声を取り上げていきます。
みなさんの体験談もいっぱい教えてくださいね。

・体験談投稿・ご意見は、
 http://blog.seesaa.jp/pages/my/fan/message/input?blog_name=kenkouhuman
 お待ちしています。
posted by 健康一番 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

ダイエット体験談 No.98

今日の「あさイチ」でFAXを募集していました。
それは、どうでもいいことだけど言いたい事、というものです。
このダイエット体験談も本人にとっては大事な事かもしれませんが、
他人にとってはどうでもいい事なのです。
まして、本人はチョットしたことでも人に知ってもらいたいと思うし、
他人にとっては聞きたくもない戯言に聞こえます。

まあ、どうでもいいような事ですが、
ダイエットに挑戦した人々の戯言の数々をご覧ください。


_________________________
■ 今年は(その他) =あぶさん/女性/19歳=

 去年一年太る年でした。高校を卒業してから5キロ以上太ったのです。
 新しい環境のストレスか、社会人になり生活が不規則になったのか、
 現在148センチ40キロです。
 一番太ってる時去年は43キロありました。

 高校時代は36キロでした。今年は痩せる年にしたいです。
 私は今まで食べないダイエットをしてドカ食いを繰り返していました…。
 今年カラは3食きちんと適量を食べてやせたいです。

3食たべると調子がよく肌がスベスベになりました。
 心なしか太りにくくなりました。前は断食してもやせなかったのに。


____________________________
■ 毎日を楽しむ(成功談) =ミュー/女性/18歳=

 私の友達に、160センチ70キロくらいの女の子がいました。
 顔立ちも決して美人ではありませんでした。
 しかしその子は、お化粧もして、オシャレも楽しんで、
 よく笑っていて、まわりの子を笑わすのも上手で、ラブラブな彼氏もいました。
 友達もたくさんいました。

 そんな彼女を「デブ」と影で言う人なんていませんでした。
 太っている、痩せている、
 なんてそれほど人生に関係ないのでは、と思いました。
 彼女はミニスカートが好きでよくはいているのですが、
 最近足が細くなったと皆に言われています。
 私もそう思います。

 自分に自信を持って毎日を楽しんでいれば、
 自然と見た目も綺麗になっていくんだなぁとしみじみ思います。


__________________________________
■ 規則正しい生活が一番(その他) =むくろ/女性/20歳=

 15の時152センチ50キロ。
 ウェストが70センチあり、初めてダイエットを決意。
 野菜多目に乳製品肉魚バランスよく三食きちんと食べて、
 毎日一時間歩いてお風呂上がりにストレッチ。

 ご飯を食べる量減らさず軽めの運動だったからストレスもなかったです。
 ただ甘いものは一切食べなくなりました。
 バランスよく食べてるため甘いものの要求が無くなったんです。
 一年で12キロやせ38キロに。

 お洒落が出きるようなり自分に自信がつきすっごく楽しかった。
 が大学受験で夜中にお菓子、
 夜食を食べるようなり半年で12キロ戻ってしまいました。
 バランスよい食生活が一番だな、と再実感したのでした。


_______________________
■ 食欲(その他) =チョブ/女性/30歳=

 私には、ふっくらとした友達がいます。
 私は、あっさりした食べ物が好きです。
 すごく食欲があるほうではありませんが、
 美味しいものが食べたいと思って食べ歩きしています。

 美味しいお肉なら、しゃぶしゃぶで食べます。
 甘いものを食べたら、ブラックコーヒーを飲んだりします。
 沢山食べたら、その後の食事を控えたり、ほんのちょっと運動したりします。

 友達は、食べ物を制限するなんて嫌だといいます。
 私は我慢しているつもりはありません。
 健康で、美味しいものを悔いなく食べたいと思うだけです。
 何か悪いことをしている様な発言が彼女を近寄りがたくさせます。
 彼女は、ありのままを受け止めてくれる男性を待っています。


_____________________________
■ 手作り弁当(成功談) =みそっかす/女性/28歳=

日常生活、そして食生活の管理という面から、手作り弁当をお勧めしたいです。
 今は便利な冷凍食品もたくさんありますし、慣れれば30分程度で作れます。

 その日一日に食べるものに合わせて臨機応変に中身を替えられるので、
 食生活を整えやすいですね。
 栄養が整えば、少食でも空腹を感じにくくなります。
 野菜炒めなどを少し多めに作れば、残りを朝ごはんのおかずにできます。

 朝からそれなりに整った食事ができるわけです。
 夜早く寝て朝早く起きる、という朝型生活にも変われますし、
 コンビニ弁当や店屋物に比べれば圧倒的に低コスト・低カロリーにできます。
 一石二鳥も三鳥もある方法だと思います。

いかがでしたか?
体験者の声はほんとうに参考になりますよね。
中には身につまされる方もいると思いますが、
人の成功や失敗は自分の肥やしにしましょう。
そして何時の日か理想を実現し、
素晴らしい人生が送れるように努力しましょう。

これからも不定期でダイエット体験者の声を取り上げていきます。
みなさんの体験談もいっぱい教えてくださいね。

・体験談投稿・ご意見は、
 http://blog.seesaa.jp/pages/my/fan/message/input?blog_name=kenkouhuman
 お待ちしています。
posted by 健康一番 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

ダイエット体験談 No.97

今回は何も言いません。
ダイエットに挑戦した人々の奮闘の数々をご覧ください。

__________________________
■ リバウンド(その他) =まな/女性/33歳=

 私は163センチ70キロでした。
 無理なダイエットを繰り返し、5キロまで減らしました。
 それでも全く満足できませんでした。
 三食食べた方が痩せると聞いたことと、
 食後に薬を飲まなくてはいけなくなったことも有り三食食べることにしました。

 食事量が増え半年で65キロに。
 誰にも会えなくなり、気が狂いそうになりました。
 17年位体型で悩んできて、52キロでも満足できなかったのに65キロなんて。

 人に会うのが怖いですが、ジムに通い、
 足のマッサージをして、食事の記録を始めました。
 もうすぐ1ヶ月です。今は62キロになりました。
 減りがゆっくり過ぎて気が遠くなりますが、
 今度こそ絶対自分を好きになりたいです。
 自分に満足して、ハツラツとした人生を送りたい。

________________________
■ あきらめ(失敗談) =ゆき/女性/23歳=

 過食から抜け出せない。
 明日からいつもの生活に戻そうと何度仕切直しても失敗するから、
 もう希望が持てなくなった。
 午前中までにはすでに一日の摂取カロリーを摂っている。

 夜は抜かなきゃ、明日から三日はちゃんと暮らそうなどと決心するが、
 うまくいくだろうかという不安に耐えきれずヤケクソになり、
 結局一日中食べ続ける。

 哀れんでほしいとばかりに食べる。翌日は鬱。
 毎朝のウォーキングも、前日のことがショックで出来ない。
 昨日は戻ってこないのに、前向きになれない。
 そんな日が続いている。

__________________________________
■ 問題を考えてみよう(その他) =みっちゃん/女性/31歳=

 私はもともとダイエットをする必要のない体型だった、と今は思います。
 でも、かつてストレスでちょっと過食気味になって、
 3キロくらい増えた時、突然、猛烈なダイエットに取り組みました。

 高価なダイエットサプリを飲み、いつも頭の中はカロリー計算。嘔吐。
 ひたすら歩いたりしていました。
 で入院。その時の主治医の先生が「体重をコントロールするのではなくて、
 本当はもっと他のことが見えていないんじゃないのかな」とおっしゃいました。

 当時の私には分からなかったけれど、
 何年もたった今、あの時の言葉が思い出されます。
 皆さんも、自分を見失わないよう、応援します。

______________________
■ 敵(成功談) =メップス/女性/20歳=

 私には嫌いで嫌いでしかたのない人がいます。
 その人はとても痩せていて、ファッションは私とかぶっています。
 私自身もわりと痩せ型だったのですが、
 妊娠と出産を期に16キロ太ってしまいました。

 妊娠中、
 体型が変わってしまった私には着たくても着られない服を着た彼女を見るたび、
 子供を産んで終ったら絶対に私のほうがカッコよく
 着こなしてやると言う気持ちでいっぱいでした。

 そして出産を終えた今、11キロ体重を戻すことに成功しました。
 あともう少しで、彼女に負い目を感じなくなれます。
 目標を持っていれば必ずもっと痩せられると信じています。

_____________________
■ 便秘(その他) =恭子/女性/24歳=

 私は小さい頃からずっと便秘で、そのためダイエットもうまくいきません。

 病院へ通い1回2万もする腸内洗浄を2回もして
 青汁を飲んでもいつもお腹はパンパン。
 何をしても治りません。

 いつになったら治るのか…。
 最悪手術でもしないかぎり治らない気がします。

いかがでしたか?
体験者の声はほんとうに参考になりますよね。
中には身につまされる方もいると思いますが、
人の成功や失敗は自分の肥やしにしましょう。
そして何時の日か理想を実現し、
素晴らしい人生が送れるように努力しましょう。

これからも不定期でダイエット体験者の声を取り上げていきます。
みなさんの体験談もいっぱい教えてくださいね。

・体験談投稿・ご意見は、
 http://blog.seesaa.jp/pages/my/fan/message/input?blog_name=kenkouhuman
 お待ちしています。
posted by 健康一番 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする