2017年07月24日

ダイエットの知識 235

今週もダイエットの知識を蓄積しましょう。
具体的な化学的根拠は私たちにはわかりません。
なんとか栄養素は何に効くとか、
消費カロリーがなんたらとか、
人間の1日の摂取栄養量はどれだけとか、
そんなことはどうでもいいんです。
ただ、増えた体重を減らしたり、
ぽっこり出たお腹をスッキリさせたいだけなんです。
難しいことは専門家に任せますので、
実際に何をやれば絶対的な効果があるかを知りたいんです。
もう宣伝のためのうまい言葉に乗せられたくないのです。
なんの効果もないダイエット食やサプリメント、
そんなものはいらないのです。
そんな人はシンプルに運動すればいいって、
そんなことは聞き飽きているんです。
運動できるならとっくの昔にやっています。
運動するのは面倒で嫌だからダイエットにはまっているんです。
本当は自分でもダメだなあと思っているんです。
でも、
辛い努力をすることなく、
食事制限をすることなく美味しいものをいっぱい食べ、
しかも、お金のかからない、
そんなダイエットがしたいんです。
みなさんならこんな気持ちがわかりますよね。


● 残すこともダイエット

 食事中に「あまり食べたくない」
 「満腹でもう食べたくない」と思うことがあります。
 そんなときには、正にその瞬間に食べることを止めたいです。
 「残すのはもったいない」
 「あとこれだけだから食べてしまおう」などと思ったり、
 惰性で食べ続けてしまうことはとても多いです。
 けれどもたとえ残っているのがあと一口分でも食べるのをストップして、
 ラップに包んだりして残すようにしたいです。
 ちゃんと残すようにすると
 「余分に食べなかった」ということで気持ちがスッキリします。


● 食べてすぐに眠らない

 食べてすぐ寝るのは、できる限り避けたい習慣です。
 もしどうしても食べてすぐに寝なければならないのなら、
 炭水化物をかなり減らしてタンパク質を主体にした食事にします。
 また運動をしてグリコーゲンがかなり減っている状態なら、
 ある程度の炭水化物を摂取しても体脂肪が蓄積するリスクは低いです。
 そうでないのなら、食事のあとに少し仕事をしたり、
 知的な趣味をしたり、体を動かす雑事をするようにして、
 すぐに眠らないような工夫をしたいです。


● 脂質をおおく摂取するダイエット

 MCTオイルやココナッツオイルなど、
 ダイエットに役立つと言われている脂質があります。
 そして現在、糖質の量をきわめて抑えて、
 そしてそれらのダイエットに役立つ脂質を
 摂取するダイエット法には大変な人気があります。
 ただ覚えておきたいのは、たとえダイエットに役立つ脂質であっても、
 取りすぎれば体脂肪がつくということです。
 ダイエットに益する脂質を利用するにおいても、
 カロリー計算という視点は忘れないようにしたいです。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。





posted by 健康一番 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

ダイエットの知識 234

ダイエットの成功の鍵は知識の蓄積です。
むやみやたらにダイエットをしても無意味です。
むしろ、無知なダイエットは生命の危険すらあります。
拒食症になったり過食症になったりして、
多くの人が入退院を繰り返しています。
少し前には糖質制限ダイエットの第一人者と言われた人が、
急逝してしまったということもありました。

ダイエットをすること自体は悪いことではありませんが、
知識のないまま無理なダイエットをすることが危ないのです。
ここまでならオッケーだけど、
これ以上はNGというその境目を知らなければなりません。
それには色々な知識が必要になってきます。
栄養素の効用と欠点、食品の組み合わせの問題、
体の仕組みからカロリーの消費の原理、
運動の利点・欠点などなど盛りだくさんです。
そして何より自分の体の状態を知ることが最も重要で、
体質・体調に合わせたダイエットの仕方を考えなければなりません。
そう、独自の自分にあったダイエット法、
それを考え出すための知識の蓄積でもあるのです。
どんな情報も貪欲に吸収してダイエットを成功させましょう。


● コーヒーの活用

 コーヒーはカフェインが含まれているので脂肪燃焼に役立ちますし、
 覚醒効果もあります。ただ毎日飲んでいると耐性がついてしまって、
 特に覚醒効果などは薄れてきます。
 体がカフェインを処理するのに慣れてきて、
 体から抜けるのが早くなるからです。
 そのような時には48時間ほど、
 コーヒーを飲まない時間を設けるようにします。
 また夜になかなか眠れなくなる心配があるのなら、
 午後2時以降はコーヒーを飲むのはなるべく控えるようにします。
 いろいろとコーヒーの使い方を工夫をするのも楽しいです。


● 水のある生活

 スポーツ選手などが行いますが、水をよく飲むことによって、
 むくみが解消されたりします。
 また水を飲むことによって、脂肪燃焼もスムーズに運びます。
 ですので無理のない範囲で、水を飲む生活を心がけたいです。
 無理のないことがポイントで、水をなかなか飲めない人が無理をすると、
 消化、吸収、排泄の流れが滞って、よけいに体調を崩したりします。
 その解決方法の1つが、少量ずつ水を口にすることです。
 個人差の大きいところですが、苦しくないやり方を見つけたいです。


● 疲れとダイエット

 ダイエットの経過が順調でも、ある日突然むくんだり、
 体脂肪がついたりして、コンディションの崩れることがあります。
 それは疲れが原因の可能性があります。
 それは、疲れからコルチゾルというホルモンが分泌されるのですが、
 これがむくみや体脂肪の蓄積を促したりするからです。
 ダイエットは、やればやるほど良いというものではありません。
 美しいカラダになるためにも、
 うまく疲れを抜くことのできるダイエッターになりたいです。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。




posted by 健康一番 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ダイエットの知識 234

東京都民にはまだ常識があったんですね。
とにかく自民打倒おめでとうございます。
自民東京都連も与党の衆議院・参議院の自民党も
ろくなことをやらず数の暴力を行っていることは明らかです。
しかも国の代表たる総理大臣がお友達には優遇し、
自分に利益にならない人間にはそっけなくする、
しかも夫婦共謀でやるってどういうことなんでしょうか?
遅くとも来年は衆議院選挙があります。
今度は東京都に続いて全国民が自民党NOを突きつけてやりましょう。

私はどこの政党に肩入れするつもりはありませんが、
今の数で押し切る国会は本来の民主主義に反していると思っています。
日本人の誤解は多数決が民主主義だと思っていることです。
多数決は数の暴力です。
本来の民主主義は、
少数派の意見を聞き、納得いくまで話し合うことです。
その上で双方が歩み寄るのが理想の民主主義です。
何世紀にも渡って培われたヨーロッパの民主主義は、
理想に近づきつつありますが、
わずか数十年の日本の民主主義はまだまだ発展途上です。
中国を民主主義の発展途上国と笑いますが、
日本だってどっこいどっこいなんですよ。
日本の教育現場でも何かあれば多数決と言いますが、
議論する時間を面倒臭がっているだけなんです。
なんども言いますが、
民主主義にとって最も大切なことはおたがいに理解することです。
理解した上で賛成か反対かを決めるのが多数決なんです。
そこに至る過程を省略しては何の意味もないということを知るべきです。

とりあえず、都議選自民打倒おめでとうございます。
この次は国政で自民を打倒しましょう。
ついでに安部政権は早くやめたほうがいいですよ。


● 女性と筋肉

 女性は男性に比べると、はるかに筋肉がつきにくいです。
 そして男性も、
 運動と栄養と休息のバランスがとれている人が筋肉をつけられるのであって、
 誰でもが簡単に筋肉をつけられるわけではありません。
 女性がダイエットの目的で筋力トレーニングを始めたとしても、
 モリモリと筋肉がつくことは考えにくいです。
 万が一筋肉がついてしまったとしても、
 筋力トレーニングを止めてしまえば、また筋肉はやせ細って落ちていきます。


● これもダイエット効果

 ダイエットが順調にすすんで体脂肪が落ちてくると、
 自然と清潔感も身につき始めます。
 衣服やおしゃれを通じて清潔感を演出するというわけではないのですが、
 自然に体の内側から清潔感がにじみ出てくる感じです。
 また、ダイエットが順調に進むと自分でも身なりを正したり、
 生活環境をきれいにしたりしたくなります。
 不思議なことですが、これもダイエット効果です。


● ちょっとした運動

 運動をしたり、体をよく動かすと、
 肝臓や筋肉などに蓄えられているグリコーゲンが減ります。
 すると、食事などで炭水化物をとった場合、
 そのグリコーゲンの補充にまずまわされるので、
 体脂肪となって付着する可能性が低いです。
 劇的にスルスルと痩せはしないにしても、
 よく体を動かしてよくグリコーゲンを消費している人は太りにくいと言えます。
 そう考えると、ちょっとした運動や、
 ちょっとした散歩も大切にしたくなってきます。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。





posted by 健康一番 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする