2017年09月25日

ダイエットの知識 240

下世話な話題で申し訳ないのですが、
今度行われるであろう衆議院選挙をどう思いますか?
安倍首相の森友・加計問題隠しだと言われたり、
来年の自民党総裁選挙を睨んだ延命選挙だとか言われています。
こんな個人的な疑惑隠しのために、
税金が約800億円も使われるんですよ。
皆さんはどう思いますか?
国会の解散権は総理の専権行為をとか言われていますが、
それは重要な案件で国民に信を問う場合に使うべきであって、
疑惑隠しだとか保身のためとか間違っていると思いませんか?

日本の国会はイギリス議会を模範としているといいます。
だったら、解散権の制約ということも真似るべきではないでしょうか。
ある番組で解説者が言っていました。
選挙というものは平等にやるべきもので、
今解散したら勝てるとか対立政党が弱っているからとか、
このままいったら辞職に追い込まれるからというのは間違っていると。
選挙はすべての政党なり立候補者が十分な準備を行い、
正々堂々と有権者に選んでもらうのが本来の選挙であり、
抜き打ちとか不意打ちというのは近代の民主主義に反するというのです。
私もその通りだと思います。
正々堂々とお互いの主義主張を述べ、
十分な選挙期間を持って選挙をする、
そうすれば、問題ばかり起こしてる自民党の二期生議員のような、
政治家として適さない人たちが国会議員になることもないのです。

もう一つの問題は、
衆議院の国会議員としての一期の在職平均年数が2.8年ということです。
本来の衆議院の一期の在職期限は4年なんですが、
人気を全うする前にほとんど解散するということなんです。
何が言いたいかというと、
国民に関わるどんな重要な案件があるとうと、
2年が過ぎるといつ解散されるかわからないので、
選挙のことで頭がいっぱいになって国会はおろそかになってしまうんです。
つまり、当選から2年は国の仕事をして、
3年目は選挙対策に時間を費やすということなんです。
これでは、国が疲弊するのも仕方ないことなのかもしれません。
そんな状況を憂えて国会の解散権に制約を加えたのがイギリスなんです。
まあ、好きな時に勝手に解散できる権利を行使している国は、
世界196カ国で4カ国しかないんですが…。
つまり、日本の民主主義は時代遅れだということなんです。

今の自民党の数の暴力や安倍首相のお友達内閣および私物化は、
本当に許してはいけないことだと思いますが、
野党の不甲斐なさにも原因があることを忘れてはなりません。
民進党は前回の民主党政権の時の失敗を隠すために名前を変えたり、
首謀者せあった人たちがまだ執行部や党幹部としてのさばっていることが
不人気の原因だと自覚することです。
そして、共産党は理想ばかりで実現性に乏しいし、
他の政党はどんぐりの背比べ程度にしか存在感がないし、
自民党と連立を組む公明党は、
平和政党と謳っている割には安保法制も共謀罪も反対しないし、
原子力政策なんか一番に反対すべきだと思うのですが、
今や自民のいいなりの政党に成り下がっているみたいです。
こう考えてくると今度の選挙も自民党が勝つのかなあって思ってしまいます。
それでもどうにかして自民党の議席を3分の1しないと、
また、国民を無視して好き勝手にされてしまいます。
どうか常識のある有権者のみなさん、
今の国会に対して国民はどう思っているのか思い知らせてやろうではありませんか。


● サプリメントの摂り方

 気になるダイエットサプリメントが2つ(AとB)あったとします。
 その場合はまず、Aを1瓶使い切ります。
 そして自分に合うか、その効果を確かめます。
 そしてAを終えてから次にBを使い始めます。
 そしてBを1瓶使い終わったら、同様にBの効果を確かめます。
 そのようにして効果を1つずつ特定していきます。
 私たちがやりがちなミスは、AとBを一緒に摂ってしまうことです。
 その場合はもし効果が得られたとしても、
 A単体のおかげか、B単体のおかげか、A+Bのおかげかが分かりません。
 ですので、
 ずっとAとBの両方を摂り続けなくてはいけなくなってしまいます。


● 就寝前のプロテイン

 もし筋力トレーニングを始めたのなら、
 就寝前のプロテインは運動直後のプロテインと同じくとても大切です。
 ただ、人によっては
 起床後に胸がムカムカして朝食が食べられなくなってしまったり、
 お腹が張ったように感じられて便通がとどこおってしまうこともあります。
 そのような時には、
 就寝前のプロテインを止めてしまうことも一つの選択です。
 一般に有益とされていることでも、
 自分のカラダに合っていなければ敢えて行わない方がよい場合もありえます。


● 筋トレに慣れる

 ジムでスクワットなどをすると、
 その後数時間ほどは息が荒くなっていることがあります。
 これはそれだけ代謝があがっているとも考えられます。
 筋力トレーニングの恩恵は正にこの点で、
 カラダがとても太りにくくなります。
 有酸素運動でも同じことが言えますが、
 無酸素運動である筋力トレーニングの方がよりその傾向が強いです。
 最初は敷居が高く感じる筋トレですが、
 慣れてしまえばどうってことありません。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。




posted by 健康一番 at 10:03| Comment(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ダイエットの知識 239

ダイエットの知識は奥が深いです。
しかも、
個人個人によって効果も違ってきます。
また、
体質や健康状態、性別、年齢、生活環境によっても違います。
それらを十把一絡げに何でもかんでも同じだと思ってしまうと、
とんでもない結果になることがあります。
まあ、大体の場合は効果なしでやり損という結果で終わるので、
本人ががっかりするだけで実害はほとんどないと言っても過言ではありません。
問題はサプリメントやダイエット食の間違った使用や、
先日糖質ダイエットが死亡の原因じゃないかと言われているように、
誤ったダイエット法の使用ややりすぎのも注意が必要です。
こうした間違いをなくすためには、
日頃からダイエットの知識を蓄えておく必要があります。
どんな些細な知識も役に立つことはいつか必ずあります。


● 快便の法則

 便通をよくすることは、ダイエッターには欠かせません。
 とくに食べ物や飲み物と便通には深い関わりがあり、
 また個人差も大きいです。
 ですので、自分なりの発見や体験を大切にするようにしたいです。
 たとえば「コーヒーを読むと便通がよくなる」
 「甘いものを食べると便が固くなる気がする」
 「脂質の多いものを食べると下痢気味になる」
 「キャベツが快便に役立つみたい」などなど。
 自分なりの快便の法則を見つけて、ダイエットに役立たせたいです。


● 体重計との付き合い方

 毎日体重計に乗ることは、とても大切な習慣です。
 ただ、体重は日々めまぐるしく変わるものです。
 体脂肪が付いても増えますが、
 水分がカラダにたまっても増えるし、
 前日の食事量が多くても増えるし、便秘でも増えます。
 また、理由が分からないけれども増えてしまうこともよくあります。
 ですので体重計の数字は、
 あくまでもコンディションをはかる一つの目安にとどめたいです。
 過度に真面目に受け止めてしまうと、
 体重計の数字に苦しめられるようになってしまいます。


● ちょっとした用事を作る

 一日中、椅子に座ってする仕事などの場合は、
 なかなか食べたものがこなれなかったり、
 それが便通の滞りに結びついたりすることがあります。
 反対にひんぱんにカラダを動かしたり外を出歩く仕事などの場合は、
 消化吸収が進むし、快便であったりもします。
 カラダをなかなか動かさない仕事の場合は、通勤での歩行がとても貴重です。
 またちょっとした用事を作って会社の階段をよく上り下りしたり、
 近くのコンビニや郵便局などまで出かけたりすることがとても有益です。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。




posted by 健康一番 at 10:42| Comment(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

ダイエットの知識 238

まだまだ暑いですね。
ダイエットの基本は体を動かすことです。
でも、こう暑いと全くやる気にはなりませんね。
夏は暑いから夏痩せするとか言われますが、
そんなことは決してありません。
太っていると大量に汗をかきますが、
それ以上に大量に水分を取ってしまいます。
だからといって水分を控えないでくださいね。
熱中症になって救急車で病院に搬送されますよ。
結論として、
涼しくなるまで大人しくしていることです。
夏なのに水着や薄着になることが恥ずかしいって、
そんなことは何ヶ月も前から準備していなかった自分の責任です。
なんの気兼ねもなく楽しく過ごしたいなら、
楽しく過ごせるだけの準備が必要なんです。
準備もしないで文句ばっかり言っているのは、
いつも標準に届かない人の愚痴なんですね。
ちなみに標準に届かない人とは、
デブブス根性曲がりなどなど…。


● ジム通いを長く続ける

 熱心にジムに通いつめていた人が、
 ある日を境にプッツリと来なくなることは非常によくあります。
 ジム通いを習慣の一つとして長く続けるためには、
 しっかりと休息をとることです。
 すると休みあけには体が回復をして、
 今まで5キロだったダンベルが6キロでも持ち上がるとか、
 最高で8回しかできなかったスクワットが10回もできたとか、
 そのような進歩を体験することができます。
 自分が少しでも良くなると、大変なモチベーションが湧きあがってきます。
 前に進むために大切なことは、休息をおろそかにしないことです。


● 一年を通じての鍋料理

 水炊きのような鍋料理は、ダイエットにも適しています。
 鶏肉、糸コンニャク、白菜、お豆腐など、糖質が少ない、
 あるいはタンパク質が豊富な食材をふんだんにとることができます。
 また自然に食べるのがゆっくりとなるので、意外に少量でお腹がふくれます。
 作るのもさほど難しくはないので、寒い季節に限定せず、
 一年を通じてダイエット に役立てたいです。


● 有酸素運動とは違う運動

 食事制限と有酸素運動でダイエットに成功したのなら、
 そこからさらに一歩すすめて、筋力トレーニングにも挑戦してみたいです。
 筋力トレーニングをした日は代謝が非常に高まります。
 また筋肉を少しずつ増やすことによって平静にしているときの代謝も増すので、
 より体脂肪が付きにくい体になります。
 有酸素運動とはまったく違う経路で、
 ダイエットに役立つ運動をもう一つ身につけておきたいです。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。




posted by 健康一番 at 09:22| Comment(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする