2017年09月22日

活動レベル指数

毎回いろいろなダイエット法をご紹介してきましたが、
基本的に言ってダイエットを成功させるには2つの方法しかありません。
それは、1日の摂取カロリー量の制限と運動量をどう増やすかなのです。
それらを実行するためにとられているいろいろな方法を
総称してダイエット法と言っているのだと思います。

ダイエットとは本来健康のための食事制限だといいますが、
実際には痩せる=ダイエットということになっています。
では、痩せるとはどいうことかというと
摂取カロリーを消費カロリーが上回ることによって、
体内に蓄積された余分なエネルギー源、
具体的に言うと、
筋肉とか脂肪とか飢餓状態に陥った時に生命維持を図る元になるもの、
健康維持に不必要な体内物質をなくすということなのです。

人間の体重を構成しているものは、
基本的に骨と筋肉と血液、内臓そして脂肪なのです。
この中で生きる状況が極限状態にない場合、
もっとも必要とされないものが脂肪なんです。
ですから、ダイエットとはその脂肪を落とす作業ということができます。
反対にいえば、
脂肪以外は減らしてはいけないとも言えます。
その脂肪を手を変え品を変え行うのがダイエット法です。

ダイエット法でもっとも基本となるのが食事制限です。
いくら痩せたいからといって無理な食事量や偏った栄養では効果がありません。
まずは1日に必要な食事量を知ることが大切です。
では、1日に摂る食事の量をどのように決めるかというと、
1日に摂る食事の量は、カロリー比率に従って計算して決めます。
まず1日に必要なタンパク質の量を決めるために、
LBM(除体脂肪量)を求めます。
  LBM = 体重−体脂肪量 (体重×体脂肪率÷100)

次に自分の活動レベル指数を求めます。
 ・ ランク1:あまり動かず座って過ごしがち 活動レベル指数1.1
 ・ ランク2:1日30分程度歩く 活動レベル指数1.3
 ・ ランク3:1日30分程度の運動を週3日行なう 活動レベル指数1.5
 ・ ランク4:1日30分程度の運動を週5日行なう 活動レベル指数1.8
 ・ ランク5:週に2時間30分以上は運動する 活動レベル指数2
 ・ ランク6:週に5日はウェイトトレーニングをする 活動レベル指数 2.2

【計算式】1日に必要なタンパク質の求め方
   LBM × 活動レベル指数 = 1日に必要なタンパク質(g)

タンパク質の量が決まったら、
炭水化物4、脂肪3の比率でカロリー、分量計算します。
(タンパク質と炭水化物は1グラム4キロカロリー、
脂肪は1グラム9キロカロリー)
1日に必要なタンパク質の量が65グラムだとすると、
4:3:3にあてはめると、
カロリーは炭水化物324:タンパク質260: 脂肪260カロリーとなります。
1日のメニューの注意点として、
炭水化物はできるだけ野菜や果物からとり、
タンパク質は大豆製品、 魚や鶏肉など低脂肪のものから摂るのがオススメです。

こうやってカロリー比率を具体的な数字にすると、
今まで大雑把にやっていたダイエットが如何に非効率かわかりますよね。
つまり何事も計画的に進めなければ成功などあり得ないということなんです。
簡単だからとか楽だからとやってきたダイエット、
効果があるかないかなんて度外視で、
みんながやっているから、やっていないと仲間はずれのような気がする、
流行に乗り遅れているような気がする、
モデルやタレントを自分に重ねてしまう、
すべて自己満足のなせる技なんですね。
まず、モデルやタレントは選ばれた人なんです。
選ばれなかった自分とは違うということをまず自覚し、
痩せれば綺麗になるとかスタイルが良くなるという妄想は捨て、
鏡をよく見て自分はどうすればいいかよく自問自答をすることです。
太っていることを武器にした芸人が最近目に付きますが、
あの人たちは自分のことをよく理解しているんだと思います。
あの容姿で中肉中背だったら話題にもなりませんよね。
人と違うこと、むしろウイークポイントを売り物にすることで、
人々に優越感を与えることによって茶の間の人気もになっているのです。
ですから、自分の容姿体型と相談して、
痩せるばかりが得策ではないということを知るべきです。
中にはポッチャリの方が可愛いという人もいます。
痩せすげて気持ち悪いという人もいっぱいいます。
あなたはどうしますか?





posted by 健康一番 at 09:50| Comment(0) | ダイエット法いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする