2017年11月20日

ダイエットの知識 245

私たちがダイエットを成功させるにはそれなりの努力が必要です。
安易な考えでは満足いくダイエットはできません。
どうすればダイエットは成功するのでしょうか?

インターネットを検索してみると、
ダイエット30ヶ条なるものが出てきました。
詳しいことは直接読んでもらえればいいのですが、
今回は面白いのでその項目だけを拾ってみました。
 第01条 ダイエットに取り組む信念を持ち続けること。
 第02条 食事と運動のコントロールが成功の鍵。
 第02条 極端に食べる量を少なくしないこと。
 第04条 自分の体重を知り、
      自分の生活リズムに合わせたダイエットプランを立てること。
 第05条 自分の適正エネルギーを知る。
 第06条 主食の量を決めてバランス良くする。
 第07条 1ヶ月に2s程度の減量を目安に。
 第08条 自分の体重推移を記録する。
 第09条 寝る3時間前は食べない。
 第10条 朝食はしっかり摂り、夕食は控えめに。
 第11条 夕食は高カロリーメニューを避けて、脂肪の少ない高たんぱく、
      高ビタミンの食事を摂りましょう。
 第12条 外食の頻度は控えめに。
 第13条 外食時はカロリー表示に惑わされないこと。
 第14条 夕食後のデザートは控えること。
 第15条 調理方法は揚げもの、炒めものの回数を減らし、
      煮もの、焼きもの中心にした献立にすること。
 第16条 よく噛んで食べること。
 第17条 肉料理よりも魚料理を中心にして野菜を積極的に摂ること。
 第18条 間食はできるだけ減らすこと。
 第19条 便秘はダイエットの大敵です。食物繊維をたっぷり摂ること。
 第20条 見えない油に注意すること。
 第21条 お菓子の買い置き、食べたくなるものを見えるところに置かないこと。
 第22条 アルコールの飲み過ぎに注意すること。
 第23条 大皿料理にして自由に取り分ける食事は避け、個人盛りにすること。
 第24条 ストレスを飲食で解消しないこと。
 第25条 ゆっくり長時間、有酸素運動をして脂肪を燃焼すること。
 第26条 こまぎれの時間を活用して1日の活動量を増やす。
 第27条 運動で太りにくい身体をつくる。
 第28条 体重は階段式に落ちていく。停滞期も頑張る。
 第29条 高カロリーメニュー、菓子類は大抵把握しておく。
 第30条 エネルギー代謝を高める食品を補助的に取り入れる。
といったところだそうです。

これを読んでみると確かにその通りと思えるのですが、
よ〜く考えてみるといつもやっていることじゃん、
ダイエットの常識をまとめただけじゃん、って思ってしまいます。
でも、このまとめが大事なんです。
一つ一つは誰でも考えつくし思っていることです。
でも、いざ箇条書きにしたら全部思いつきますか?
自分のダイエットのに対する考えを新たにする意味でも素晴らしい!
いっそ、気をつけることだけをしないようにすれば、
立派なダイエットになって減量間違いなしだと思います。
内容がきになる人は「ダイエット30ヶ条」で検索してください。


● 炭水化物の美味しさ

 あまりカラダを動かさず運動もしないのなら、
 体内に蓄えられているグリコーゲンが枯渇することは少ないです。
 ですので、それほど炭水化物を食べたくなるわけではありません。
 それでも炭水化物を食べようとするのなら、
 より甘いもので味覚を刺激して食べることになります。
 逆によくカラダを動かしており、運動もひんぱんにしているのなら、
 グリコーゲンは枯渇しやすいです。
 ですので自然に炭水化物が食べたくなるし、
 さほど甘みがなくても美味しく感じられます。


● 違う種目に変える

 ダイエットに筋力トレーニングは大変に有効です。
 ただ同じ種目をずっと続けていると、
 カラダがその刺激に慣れてしまって効果の感じられなくなることがあります。
 そんなときには、同じ筋力トレーニングであっても違う種目に変えると、
 また新しい効果が感じられます。
 種目に慣れるまでの期間は人によってさまざまですが、
 大体は2ヶ月程度が目安です。
 回数も伸びないし、重量も伸びないし、という事態に陥ったら、
 思い切って違う種目に変えてみたいです。


● 飲み物からダイエット

 緑茶のダイエット効果は明らかなので、
 コンビニなどで売っている500ミリリットルのペットボトルを、
 可能なら1日に3本ほどは飲みたいです。
 またそれだけのお茶を飲むと、過食をしたくなる気持ちも自然に薄まります。
 それに加えて運動の前にはブラックコーヒーを飲むことで、
 脂肪の燃焼がはかどります。
 これも無理をして飲むのはつらいので、可能ならでけっこうです。
 その他には、プーアル茶などもダイエットには役立ちます。
 飲み物からダイエットを攻めることも、けっこう楽しいものです。

いかがでしたか?
難しい事は一切ありませんよね。

それでいいんです。
ダイエットは健康な生活を営むための礎となのです。
ちょっとした努力があなたのスタイルとともに、
若さやバイタリティを蘇らせるのです。

それが生きることへの活力を生み、
素晴らしい今を迎える基となっているのです。




posted by 健康一番 at 09:50| Comment(0) | ダイエットの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする